« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月25日 (土)

交尾するな!!

今日の新潟はとっても良い天気。青空が広がり朝日が心地良く窓を照らします。

窓の外を覗くと隣の家の窓ガラスと障子の間に猫が2匹向かい合って座って、一方がペロペロと相手の顔を舐めていました。その姿がとってもかわいかったので私は二人の娘を呼んで「猫がチューしてるぞ」と教えました。7歳の子は自分で小さな椅子を持ってきて台にして、2歳の子は私がリビングボードの上に乗せてあげてしばらく猫の行動を眺めていました。すると舐められていた猫が窮屈そうに反対を向いて、舐めていた猫がその背中に乗ってしまったのです・・・

下の娘は「喧嘩してるー」と言いましたが、上の娘はどうぶつ奇想天外の番組が大好きでそれが交尾だということをすぐに分かりました。「あれ、首を噛んでいるから交尾だよねー?」 「・・・そうかもね。」

心の中 ⇒ 「お願いだからそれ以上聞かないでください!!

そういえば私も中学3年生まであまり深く考えたことがなかったのですが、子供は結婚すると神様が与えてくれるものである と自分なりの解釈をしていました。そしてたまに結婚する前に子供ができたというカップルがいますが、仲良くしすぎて神様があの二人は結婚していると間違えたのだと・・・  大人になった今、想い起こすとちゃんとつじつまの合った解釈ですね。

2006年2月20日 (月)

諸星和己のチカラ

今日でこのブログをスタートしてちょうど1ヵ月になります。

アクセス数も順調に伸びていたのですが、この土・日の2日間だけで総アクセス数が2倍に跳ね上がりました。グラフにしたらとんでもないことですよ。今までの毎日がこんなにちっぽけなのか・・・ って感じです。嬉しいんですけどね。

この現象の原因は諸星和己君にありました。彼のファンクラブのHPでbbsにファンの方が「ここに諸星様のボランティア姿の写真が載ってるわよ」って書き込んだのがきっかけだったんです。

アイドルとして活躍していた頃の彼を良く知らないわたしには、見た目はチャラチャラしているのに気取っていない素直な好青年に映っていたのですが諸星和己のスターとしての実力にビックリしちゃいました。

ついでに諸星ファンに宣伝しておこうかな・・・

諸星和己は「伝」のお米を食べてます!!    あからさまでスミマセン

お詫びに被災地での諸星君の深刻な顔を載せときます。本人に叱られるといけないのでこれが写真掲載は最後です。Photo_3

2006年2月19日 (日)

だれか教えて!!

何なんですか!?

18日のアクセス数がいつもの15倍もあるんですけど何が起こってるんですか?

アクセス解析を見てもみなさんいろんなところからこのブログに入ってきてるんですけど・・・

恐いです・・・

わたし何か悪いことしましたっけ?

2006年2月15日 (水)

逮捕!? ホント?

今日の夕方、チョコを食べながらニュースを見ていたらこの前私がコメント取材を受けたときの米業者が逮捕されてしまいました。

自分のせいではないけど・・・ なんだか気分良くないですね。

悪質な商売をした人にはそれなりの責任を取らせる。こんな雰囲気の世の中になりましたよね。このバッシング流行の時期を越えたときには良い世の中になってほしいです。

2006年2月14日 (火)

諦めよう。

チョコ食べる前からオデコにフキデモノができました。

ってゆうか、まだバレンタインチョコもらってません。

冷蔵庫の中には先月の大阪出張のときにリリアンからもらったリボン付のチョコがあります。

2006年2月13日 (月)

半島を出よ!!

昨日、雪の中を車を走らせ本屋へ行ってきました。田舎なので本屋が遠いんですよ。

若い頃から夢中にさせられている村上龍氏の本、半島を出よ」の上下巻を手に入れました。今夜から読みはじめます・・・ 

彼の創る世界に入ってみたい!! ワクワクしています。

2006年2月 9日 (木)

テレビの取材

さっきTVの取材が来ていきました。1時間ほどで終了しましたが今日の夕方のニュースに出るそうです。

以前に私のドキュメンタリーを撮ったディレクターが突然電話をよこして「特別栽培米の偽物が現れたことに対しての怒りをカメラにぶつけてください」とのことでした。でも私は産経新聞しか読んでいなかったのでその件についてはまったく知りません。親父のところへ行って新潟日報を読んではじめて何があったのか確認しました。

何があったのかというと、私の地元の米業者が特別栽培制度の偽造シールを貼って販売していたそうなんです。表には出ないけど常にある大きな問題ですよね。消費者が主食として食べる米を買うときに選択する基準なのに商売のためだけに安全なものを求める人の心を踏みにじる行為です!!

テレビではあまりきついことを言えないので言いたいことはひかえましたけど今日の日テレ系のニュースに出るそうですよ。

今の五輪、前の五輪

今日の新潟は水道は凍らなかったけど寒いです。外はひどい吹雪。

明日からいよいよトリノ五輪ですね。夏のオリンピックの4分の1くらいしかワクワクしてませんけど・・・

たしか先回のソルトレークシティ五輪のときは地元で移動販売車を使っておむすび屋をやっていました。あの年も寒~い冬で、吹雪の中おむすびを買いに出かけてくる人がいるわけもなく箱を抱えて訪問販売に廻ってすごしていたんです。それでも知り合いのレパートリーも尽きてもう売りに行くところもなくなって我が家の冷凍庫がおむすびでいっぱいになりました。朝も昼も晩も毎日おむすび。自分で育てたお米だから絶対捨てられないですよね。

でも春になるとおむすび「伝」は毎日早い時間に完売するほどの繁盛店に変身して秋には東京出店ができたんです。思い起こすといろんな時期がありました。 おしまい

2006年2月 8日 (水)

妻にはナイショ・・

先週の金曜日の朝からおとといまで新潟はとっても寒かったんです。水道は凍ってしまうのは慣れっこなので冷えそうな夜には水道を少しずつ出しっぱなしにするのですが、トイレと洗濯機だけはどうしようもありません。

案の定、心配していた双方は見事に凍ってしまい機能停止でした。でもトイレは我慢できなかったのでドライヤーの熱風で復活!! 残りの洗濯機はとりあえず自然解凍を待つことにしました。 ・・・とうとうその日はダメでした。

翌日、また寒い日でほかは大丈夫だったのですが洗濯機だけ凍っていました。でも洗濯物もたまっていたので蛇口をひねったりドライヤーで温めたりいろいろな手で足掻いたのですがビクともしません。

また次の日も水が出ず、とうとう母屋の洗濯機を借りてとりあえず用は足りました。

その次の日、妻には「まだ凍っててダメだ・・・」と伝えたのですが外の気温からしてもう氷は溶けてもいいはず・・・

翌日、とうとう来るときがきました。洗濯機の水道から勢いよく水が流れる音がしたのです。妻には「やっと出たぞ!!」と喜びの表情で伝えたのですが、じつは水道を左にひねって出したのです。あの2日目にいじったときに蛇口を閉めっぱなしにしてしまったんですね・・・ たぶん余計な行動をしなければ2日目か3日目には使えたんだと思います。あとで「どうやって出したの?」と聞かれたのですが、「ん? ドライヤーで・・・」

自己防衛のための嘘をつきました。 この話は家族には内緒ですから人に言っちゃダメですよ!!

2006年2月 4日 (土)

節分の夜に

今年の豆まきは自家製落花生でした。親父が畑で育てたものをフライパンで炒って仕上げたのですが焦げたものもあれば半生のものも・・ 歳の数38個を確保してがまんして食べ切りました。栽培に手間をかけて良いものを作っても調理がお粗末だと台無しであることを父から学びました。

じいちゃんは85歳。豆まきが終わってみんなで拾い集めているすきにとっとと風呂に入ってしまいました。85個の豆から逃げたのです。歳の数だけ豆を食べると風邪をひかないというけど食べ過ぎて別な病気を招くかもしれないということを85年間の人生で学んでいたのかもしれません。

そのあと、私は家族のテーブルにソッポ向いて南南東に向かって恵方巻きを2本かぶり付きました。

2006年2月 1日 (水)

諸星和己

Photo_1 きのうTVをつけたらめずらしく諸星君が出ていました。

彼も中越地震のボランティアグループのメンバーで一生懸命活動してくれています。去年の10月にも一緒に山古志村へ行ったのですが、現地の被災者の方たちが地元料理をご馳走してくれて大感激でした。諸星君はあの若さで痛風を患っているのできっと田舎料理がリハビリにもなったでしょう。山古志村の田んぼを復興させると同時に彼も健康を取り戻してどんどん活躍してほしいですね。ビールは控えて玄米御飯を食べましょう!!

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ